メリット

任意売却という言葉をよく聞くけど、何のことだろう?最近では、不況の影響もあってか、任意売却したという話をよく聞くようになりましたよね。
任意売却とは、住宅ローンの返済が行き詰ってしまったときに、銀行が不動産の抵当権を実行して競売にかけるのではなくて、不動産会社に仲介を頼んで、売却してしまうことです。
抵当権を実行して所有者の不動産を差押え、競売にかける場合は、いくらで落札されるかは競売開札日まで分かりませんし、市場価格より2~3割低い価格になることが多いのが一般的です。
競売にかけられたとしても、なお残債務がある場合は、返済を続けなければなりませんから、できる限り高い価格で売却したいと考えるものですよね。
その点、任意売却の場合は、普通に不動産を売却するのと同じですから、市場価格で売却することができ、競売に掛けるよりも残債務が少なくて済むのが一般的です。
また、競売の場合だと、堂々と公告に載せられてしまいますし、張り紙なども張られるため、近所の方などにも、住宅ローンの返済が行き詰ってしまったことがばれてしまいますが、任意売却の場合は、普通に不動産を売却するのと一緒ですから、住宅ローンの返済が行き詰ってしまったと口外しない限り、ばれることがないので、精神的な負担も少なくて済みます。

任意売却の概要

任意売却という言葉をよく耳にします。
たとえば、住宅ローンの融資を受けているけれども、なんらかの事情によって返済が困難になった場合、金融機関との取り決めに基づいて行われる手続きのことを指します。
住宅などはローンを組むケースがほとんどですから、人事ではないことです。
住宅を購入する際は、お金をローンという形で借りるのが一般的です。
ここで、担保として抵当権などを設定するのですが、もし住宅を売らなければならない場合には、抵当権を解除することが求められます。
しかし、抵当権を解除するには融資額の残高すべてを返済することが前提となっており、難しい場合があります。
このようなときに登場するのが、任意売却です。
返済できなかった債務をそのままに残し、抵当権を解除できるのです。
何もしなければ、不動産を差し押さえされ競売にかけられますが、任意売却を認めてもらえば一般流通市場で書い手を探すことができるのです。
住宅を買う予定のある人は、知っておいた方がいい用語のように思いました。