返済資金の捻出

私は借金をかかえ、お店を倒産させていましました。
債務を残したお得意様に非常にご迷惑をかけ、大変心苦しい思いでした。
少しでも、お得様の債務を返金するためには、お店などの資産を売却しなければなりませんでした。
できるだけ、高く資産を売却して、債権者様に返金できれば、私も少しは救われます。
しかし、皆さんも知って通り、不動産を整理するために競売にかけられてしまえば、二束三文のお金しかなりません。
それでは、債権者様に申し訳ない思いでいっぱいでした。
しかし、うれしいことに不動産を整理するにおいて、競売ではなく任意売却が行われ、普通の不動産と同じような扱いで売買されたためにより多くのお金を債権者様に返金できました。
その知らせを聞いて私も非常に喜びました。
任意売却は一般の不動産市場に不動産が売りに出されるので、市場価格に近い価格で売却されます。
競売では強制的に売買されるので、そうしても市場価格より、安くたたかてれてしまう。
売却益で債務者に債務の支払いを行うため、できるだけ高く不動産は売れた方が良いに決まっている。
任意売却のおかげで、債務者様にはより多くの返金がなされ、私も胸をなでおろしました。

任意売却で家の競売を回避する

家の購入には、多くの人が自己資金で不足した購入資金を銀行などの金融機関で住宅ローンを組んで融資を受けます。
現在のように不況が続くと仕事をしている会社などがその影響を受けてリストラをしたり、最悪の場合には倒産する場合があります。
もし、そのような事態になった時、すぐに再就職先が見つからない場合があり、住宅ローンが払えないことになるかも知れません。
住宅ローンが払えなくなると融資を受けている銀行などから督促状が届き、そのままローン返済ができなければ、銀行は裁判所に申し立て家を差し押さえ、競売にかけることになります。
家は、競売では相場価格よりかなり安い価格で売買されるため、多くのローンの残債が残り家がないのにローン返済だけが残ります。
また、競売は公開されるために近所の人に競売していること知られることになります。
この事態を避けるため、不動産会社に任意売却を申し出て家を自分で売る必要があります。
任意売却では、市場価格と同等の価格では売買が行われ、ローンの残債が競売より少なくり、家を売りに出していることも近所の人たちにはわかりません。